Archive for the 'プラチナ(白金)の歴史' Category

プラチナ(白金)の歴史

木曜日, 1月 10th, 2013
古代エジプト第18王朝時代に、ファラオの装身具として使われていたという経緯があります。現在最も古い白金製品として現存しているものは、ルーブル美術館に収蔵されている、テーベの小箱といわれているものです。エジプトのテーベの、女性神官シェペヌペットの墓から出土をしたものであり、これは年代として紀元前720年から、紀元前659年ごろのものであると推測されています。 10世紀ごろになると、南米においても装身具として使われていたと考えられています。純度80%以上にもなるもので、当時から高い水準の精錬技術があったのではないかと考えられる要因になっています。 (read more...)

Posted in プラチナ(白金)の歴史 | プラチナ(白金)の歴史 はコメントを受け付けていません。