プラチナ(白金)とは

Posted on 2月 6th, 2013 2月 6th, 2013 by kaitoriad

白金は、原子番号では78。元素記号はPtで、白金族元素の一つです。
白金というのは学術用語としては正しい呼び方なのですが、一般的な日常語ではプラチナ、というほうが浸透をしているといえるでしょう。しかし、ここで気をつけるべきは、ホワイトゴールドとプラチナは別種のものであるということです。

白い光沢を持っている金属が、このプラチナです。性質として、非常に化学的に安定しているために、装飾品としても使われることがありますが、同時に工業用の部品として使われることもあります。例えば触媒として、自動車の排気ガスの浄化をするなど、幅広くプラチナは求められています。
酸に対しては強い耐食性を持っていて、金と同じように王水に溶かすということ以外では溶けることがありません。

Tags
Categories プラチナ(白金)とは
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

No Responses to “プラチナ(白金)とは”

Comments are closed.